2019年05月16日

【今週の騎乗】2019年5月18-19日

今週の川島騎手の騎乗は下記の4鞍。

5/18 京都 1R キョウエイリップル
5/18 京都 4R コニカルビーカー
5/19 京都 2R サツキサンダー
5/19 京都 6R サトノギャロス

【出馬表段階展望】
5/18 京都 1R キョウエイリップル…初騎乗。前走はデビュー戦。スタートは五分だった、がテンから全く付いていくことが出来ない。みるみる内に最後方まで下がってしまう。その後も下げ止まらずに走れば走るほど、前のとの差は広がるばかり。他馬が直線に入る時には自身は4Cの半ばだった。直線も全く伸びずに約12秒の大負け。D1400mのタイムで入線した。今回は叩き2戦目。血統は悪くないし、調教時計もボチボチ。レースに行って変われるかどうか。【実力:C+,相手:B-,馬券:ケン】

5/18 京都 4R コニカルビーカー…事実上の初出走。前走はゲートで逆向きになってしまい、除外されたとのこと。父はバトルプラン。母はアンプルカット。上にドモナラズなどがいる走る血統。下河辺牧場ゆかりの血統でもある。正直ここは全くの未知数。気の悪いところを出さないといいが。【実力:?,相手:B-,馬券:ケン】

5/19 京都 2R サツキサンダー…初出走。父はカネヒキリ。母はマスターギラティナ。兄弟は3勝のサンチェサピークなど2頭が勝ち上がり。地味だがよく走る血統ではある。調教はボチボチの模様。叩かれてからの方が良さそうだが、そこそこやれないか。【実力:?,相手:B-,馬券:ケン】

5/19 京都 6R サトノギャロス…3度目の騎乗。前走時の評価は「A」。スタートは五分。押していき前目に付ける。最終的には逃げの形に。半馬身程度のリード。強い馬と並走する形に。4Cでも手応えは十分。直線入口でも同様の差。直線で追い出されると徐々に2番手の馬との差を広げる。最後は3馬身半のリードを取って入線した。時計も「超」が付くほど優秀なもの。初戦で見せた気難しさも一切出さなかった。今回は昇級戦。前走で好走していた馬が除外されたこともあり、やりやすい相手とはなった。昇級戦だけに簡単では無いだろうが、普通に走れれば勝ち負けになりそう。【実力:A-,相手:B-,馬券:単・連】

今週は4鞍。期待はサトノギャロスでしょう。前走の内容が圧巻。今週の週刊誌でも注目馬として多くのTMがあげていました。タイムだけで決まる訳ではないですし、昇級戦なので簡単ではありませんがいい走りを期待したいです。
posted by ローカルトラベラー at 23:21| Comment(0) | 今週の騎乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする