2018年12月16日

【回顧】12/16 中山10R ミトノレインボー

12/16 中山10R ミトノレインボー 7人3着

スタートはまずまず。飛び抜けて良かったわけでは無かったが二の脚が速くスッと前へ。道中は2番手からの競馬。宥めて折り合いを付けて行きっぷり良く追走。4Cでも2番手で良い形だったが、外から御せなかったタイセイスターリーが上がって来て直線へ。直線では内で粘り込みを図る。後続をブロックしながら内で粘り強く脚を使う。坂を上がってもうひと踏ん張りしたのだが、最後最後で後続に差されての3着。番手からでも競馬できたのは収穫。

【次走へのメモ:B】スタートはまずまず。テンに行き脚も付いたが、内の馬が主張したために2番手から。当初は行きたがったところもあったが、すぐに折り合いを付けた。番手でいい形で追走できていた。4Cでも手応えは良かったが、早めに上がってきたきた馬がおり、厳しい形に。直線は内で懸命に粘っていたが、最後に捕まった。軽ハンデだったとはいえ、番手からで競馬出来たしクラスにもメド。外から来たヘタクソがいなければ、という恨めしい結果になった。
posted by ローカルトラベラー at 19:29| Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]