2020年04月09日

【今週の騎乗】2020年4月11-12日

今週の川島騎手の騎乗は下記の5鞍。

4/11 阪神 3R メイショウニタボウ
4/11 阪神10R メガフレア
4/11 阪神11R サトノガーネット
4/12 阪神 3R メイショウメイユウ
4/12 阪神10R タケショウベスト

【出馬表段階展望】
4/11 阪神 3R メイショウニタボウ…初出走。父はキンシャサノキセキ。母はノースパストラル。母の母はG1で好走したブランピュール。母は1勝馬。調教自体も目立った時計は無い。使ってからか。【実力:?,相手:B-,馬券:ケン】

4/11 阪神10R メガフレア…2度目の騎乗。デビュー戦以来、3年ぶりの騎乗。前走は遅れ気味のスタートから行く気無く後方を進ませる。道中は後方2番手のインを折り合って追走。3C付近から内目を徐々に上昇。後方4番手のインでロス無く4Cを回って直線へ。直線入口でやや外に出す。直線は馬群の中に突っ込む形。進路を探しながらジリジリと脚を伸ばす。ただ切れ負けのような感じで5着。今回は2400mと若干の距離短縮。2走前はこの距離で5着。ワンパンチ足りないが堅実には走ってくれる馬で。そんな強い相手居ないが。【実力:B-,相手:B-,馬券:ケン】

4/11 阪神11R サトノガーネット…2度目の騎乗。前走はスタートは五分。テンに行く気もなく自然に任せる感じで後方2番手から。1Cで最後方の位置。馬群とは1馬身程度離れた最後方。3Cで後方2番手。4Cでは外に出して上がっていく。直線は大外へ。直線で追い出された後もジリジリ。後方の侭入線した。究極の上がり勝負みたいなレースで出番が無かった。今回はマイル重賞へ。中〜長距離路線を使われて重賞を勝った2000m戦でも促しての道中だった馬。初めてのマイルはどう出るか。忙しい感じはあるが。ただ例年に比べれば相手は軽い。勝てはしないが、ミエノサクシードとベルルミエールで結果を出した相性のいいレース。あっと驚く走りを。【実力:B-,相手:B-,馬券:複】

4/12 阪神 3R メイショウメイユウ…初騎乗。前走はスタート一息で後方から。1Cは後方5番手。向正面から手を動かして進出。3Cでは前の8番手くらいか。ただ3-4C中間で行きっぷりが悪くなる。4Cではやや下がり気味。直線は大外へ。直線は一瞬伸びそうな感じを見せたが良い脚が長くは続かなかった。全体的にチグハグな感じの競馬。ただ距離を伸ばして競馬はしやすくなっていたか。調教では自己ベストをマーク。少しずつ良くはなってきている。【実力:B-,相手:B-,馬券:複】

4/12 阪神10R タケショウベスト…初騎乗。前走は五分のスタートもあまり行き脚が付かなくて最後方からの競馬。4Cで気合を付けて上がっていくも後方。直線は馬群に突っ込む形。切れる感じはないがジリジリと伸びて10着。着差ほどは負けていないが。このクラスで3,5着があるし、毎回大きく負けていない。溜めれば伸びる馬。52kgの時はいい走りが出来ているし、そんなに強い相手もいない。今回も期待。【実力:B-,相手:B-,馬券:複】

今週は5鞍。最近は1,2鞍除外がある感じですが、それを考慮してもある程度乗せて貰えるのが嬉しいですね。
いきなり回ってきたサトノガーネットは距離短縮が全くの未知数。先に触れたようにゲンの良いレースですし、一発ないでしょうか。メイショウメイユウはそろそろ走り頃。
タケショウベストの母、タケショウレジーナは個人的には人生で最高に美味しい思いをさせてくれた馬の1頭。15年前、川島騎手騎乗のヘイセイピカイチが勝って大波乱だったレースでの3着馬。何かを起こして欲しいものです。
posted by ローカルトラベラー at 23:56| Comment(0) | 今週の騎乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]