2020年04月23日

【今週の騎乗】2020年4月25-26日

今週の川島騎手の騎乗は下記の4鞍。

4/25 京都 1R トーホウルナロッサ
4/26 京都 4R オルフェスタイル
4/26 京都 9R ドンアルゴス
4/26 京都12R サンビショップ

【出馬表段階展望】
4/25 京都 1R トーホウルナロッサ…初騎乗。母はトーホウドルチェ。前走は初出走。スタート一息。テンになかなかダッシュが付かず。ダートに入るところで後方5番手辺りか。3-4C中間でジワッと進出も直線入口では後方3番手辺りか。直線追われてもフワフワ。全体的に集中力を欠いたレースぶりだった。デビュー前には坂路でいい時計を出していたように素質はあるはず。まだ子供っぽい気性が叩かれてどうなるか。距離延長はなんとも。【実力:B-,相手:B-,馬券:ケン】

4/26 京都 4R オルフェスタイル…初出走。父はオルフェーヴル。母は3勝を挙げて秋華賞にも出たレッドエレンシア。同期配合であったりする。兄がいるものの未出走。調教にも乗っているがそこまで目立つわけでもなく。使ってからか。【実力:?,相手:B-,馬券:ケン】

4/26 京都 9R ドンアルゴス…2度目の騎乗。前相時の評価は「B」。前走は五分のスタートから控えて後方から。1Cでは後方2番手。3C辺りからジワッと外目を上昇。4Cでも後方だが上がってく。直線は大外へ。直線は外に出して伸びてきたが切れ負けのような感じで4着。ダート戦ではさっぱりだったが芝に戻って上々の内容。折り合いが課題だったがこのレースでは上手く付けられた。今回は2200m戦。意外にもこの距離は初。ハンデ55kgは悪くない。開幕週の馬場はあんまり良くないが折り合いを付け、直線勝負でどこまで。本来はもう少し前目で競馬ができる馬でもあるのだが。【実力:B-,相手:B-,馬券:複】

4/26 京都12R サンビショップ…度目の騎乗。前走は五分のスタートから遅れて最後方へ。道中の行きっぷりは上々。それでもジッと後方で我慢。4Cで外に出して、直線は大外へ。外に出すとグイグイと伸びて5着まで浮上した。これまでもそこそこの脚は使っていたが、久しぶりにこの馬らしい切れを見せた。暖かくなって体調良化と言った感じ。今回は京都1400m。恐らくはベストが阪神1200mなだけに平坦、距離延長はマイナス要素か。わりと坂路時計が成績に直結する馬だけにこの中間に51秒台を久しぶりに計時したことは好調の証。前回3着の時は50.3秒という好時計をマークしていた。体調の良さでどこまで。【実力:B-,相手:B-,馬券:複】

今週は4鞍。恐らく騎乗予定だったユキノグローリーやゲンパチルシファーが除外されたこともこの頭数に。全体的に勝ち負けは少し厳しい感じはあるが、ドンアルゴス辺りに期待したいところ。
posted by ローカルトラベラー at 23:56| Comment(0) | 今週の騎乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]