2020年05月08日

【今週の騎乗】2020年5月9-10日

今週の川島騎手の騎乗は下記の5鞍。

5/ 9 京都 1R アプレラプリュイ
5/ 9 京都 3R エコロブラッサム
5/ 9 京都10R メイショウタカトラ
5/10 京都 6R ユキノグローリー
5/10 京都 9R ゲンパチルシファー

【出馬表段階展望】
5/ 9 京都 1R アプレラプリュイ…初騎乗。前走はデビュー戦。スタート一息、芝の部分でダッシュも付かずに最後方から。道中は最後方を追っ付けて追走。道中の行きっぷりは一息。フワフワ走っていた。4Cから直線にも最後方で入ってきた。直線は馬場の4分処からジリジリと伸びていた模様。初出走ということもあり、前半はイマイチだったが最後の最後は伸びてきた。今回1200mへと距離短縮。スタートの芝を嫌ってのものか。前進はありそうだが。【実力:B-,相手:B-,馬券:複】

5/ 9 京都 3R エコロブラッサム…初騎乗。前走はスタートでバランスを崩して出遅れ。その後も舌を出したりで早々に強く引っ張られてで最後方に。3-4C中間ではやや暴走気味に上がっていき、4Cを外を回るが馬群の厚いところでもあり、相当外に振られる。直線はさすがに脚が持たなかった。それでも伸びてはいる方だが。かなりの気の悪いレースぶり。新人騎手にとってはまだ対応する引き出しがなかったような感じのレースぶりではあった。今回は距離を短縮してのレース。これに関してはどちらとも言えず。3戦連続で掲示板に載った様に力はあるはず。後は気の悪さを出さないようにどう乗るかだけ。【実力:B-,相手:B-,馬券:複】

5/ 9 京都10R メイショウタカトラ…7度目の騎乗。休み明け。5ヶ月ぶりのレース。前走はスタートを決めて主張してハナへ。道中は1馬身程度のリード。快調に逃げる。4Cから早めに突き放して行く。直線も最後まで脚色が全く鈍らず押し切った。鞍上のファインプレーだった。今回はハンデ戦。前走と同じ53キロ。ただ昇級でマイルという距離がどう出るか。この馬自身もそうだし、兄のメイショウカンパクも中長距離で活躍した馬。やたら逃げ馬が揃ったし、この距離では前走のような競馬はかなり難しそうで。【実力:B-,相手:B-,馬券:ケン】

5/10 京都 6R ユキノグローリー…5度目の騎乗。休み明け。4ヶ月ぶりのレース。前走は昇級戦で連闘策。5分のスタートから押してハナへ。道中は半馬身程度のリードを取る。ただ4Cを回った辺りから後続の押し上げが早く、直線に入る辺りですでに失速気味。直線は粘れなかった。展開が厳しかった。今回も同条件。レースぶり的に本当は1200mに使いたかったのだろうが、除外されてここへ。この条件は大激戦区で楽な相手にはならない。2走前に千切った相手がその後、連勝しているようにこの馬も力はあるはず。【実力:B-,相手:B-,馬券:単・複】

5/10 京都 9R ゲンパチルシファー…初騎乗。前走は昇級戦。五分のスタートから中団から。道中は馬群の中を掛かり気味に追走。ペースは速かったのだがかなり行きたがっていた。4Cは馬群の中。ロス少なくコーナーを回って直線に入った。直線も一瞬伸びてきたのだが、最後は止まった。行きたがった分か。そこまで大きくは負けず。このレースを見ると本質は小回り1700向きなのだろう。今回も同距離。クラス慣れは見込めるはずで。【実力:B-,相手:B-,馬券:複】

今週も5鞍。悪くない騎乗数です。どの馬も伏兵と言った感じですが、休み明けのユキノグローリーに期待でしょうか。前走は展開が厳しかったですが、マイペースなら。想定よりも騎乗数が多かったですし、珍しい厩舎からの依頼もあるので頑張って欲しいです。
posted by ローカルトラベラー at 05:11| Comment(0) | 今週の騎乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]