2020年05月14日

【今週の騎乗】2020年5月16-17日

今週の川島騎手の騎乗は下記の6鞍。

5/16 京都 1R タマモカガヤキ
5/16 京都 4R オーミボンズ
5/16 京都 6R クリノブレーヴ
5/16 京都10R アルジャーノン
5/16 京都11R ワイプティアーズ
5/17 京都11R メイショウアリソン

【出馬表段階展望】
5/16 京都 1R タマモカガヤキ…初騎乗。休み明け。半年ぶりのレース。前走はデビュー戦。五分のスタートからスッと行き脚が付いて外の3番手を追走。道中は行きっぷりよく3番手を追走。4Cでは楽な感じで前に並びかけていく。手応え十分で直線へ。直線に入ると楽に先頭に立ったが、追われてからはあまりギアが上がらず。差されての4着。原因は距離か芝か。そういう意味ではダート替わりで距離短縮はうってつけの舞台。力は十分に足りているし、後は仕上がりがどうかだけ。ただ相手は揃った感はあるが。【実力:B-,相手:B,馬券:単・複・連】

5/16 京都 4R オーミボンズ…5度目の騎乗。前走時の評価は「C」。前走はスタートを決めるが、砂が嫌なのか終始頭を上げての追走。どんどんと下がっていく。4Cでは10番手くらい。4Cで追っていくがイマイチスピードが乗らず。直線は止まった模様。初ダートで少し期待したのだが、砂を被ってレースにならなかった。今回は再び芝に。芝の短距離ではそこまで負けてはいないが。調教も悪くない感じだがこの成績では強気になれず。【実力:B-,相手:B-,馬券:ケン】

5/16 京都 6R クリノブレーヴ…2度目の騎乗。前走時の評価は「B」。前走は初ダート。スタートを決めて押していくがあまり行けず。結局は中団からの競馬に。後方4番手のインを追走。行きっぷりはあまり良くはない。4Cでは内目を回って直線は馬群の中へ。進路自体はクリア。直線はジリジリと伸びたが他馬を交わすほどの勢いは無かった。今回も再びダート戦。慣れ自体はあるだろうが、一変とまでは。相手も骨っぽくて。【実力:B-,相手:B-,馬券:ケン】

5/16 京都10R アルジャーノン…度目の騎乗。半年ぶりのレース。前走は五分のスタートから促して前へ。積極的に行く馬もおらず結局はハナまで取り切る。道中は3馬身程度のリードを取る。行きっぷりは上々。4Cでも手応えがあり、楽な感じで直線へ。直線でも残り200mまでは粘っていたが最後は一杯に。悪くはないレースだった。いろいろ使われたが、戦績的にもこの馬のベストは京都1400m。なぜか最近あまり使われてないが、やっとこの条件となった。頭数も少ないし、すんなり行ければチャンスはある。【実力:B-,相手:B-,馬券:単・複・連】

5/16 京都11R ワイプティアーズ…初騎乗。昇級戦。2ヶ月ぶりのレース。前走はゲートを潜って外枠発走。ただすんなりとスタートを切って2番手からの競馬に。道中は2番手を掛かりよく追走。イーブンペースで流れていたが4Cで早めに並びかける。直線入口では先頭。各馬が続々と襲いかかってきたが、最後まで脚色衰えずに押し切った。発走調教再審査明けのレース。ゲート練習からずっと手綱を取っていた。速い脚を使えないわけではないのだが、戦績のように切れよりも持久力で勝負するタイプの馬。ということで坂のあるコースの方が向いている。今回は京都ということで切れ負けの可能性があるだけに、積極的にレースを運びたい。【実力:B-,相手:B-,馬券:単・複・連】

5/17 京都11R メイショウアリソン…初騎乗。昇級戦。3ヶ月ぶりのレース。五分からやや遅れ気味のスタートだったが気合を付けて巻き返してインの6番手に付ける。インで手応えよく追走。4Cでも抜群の手応えで前さえ空けばという状況で直線へ。直線では前の馬が上手いこと抜け出してくれたお陰でまったくロス無く抜け出せた。早めに先頭に立ったが、最後までしっかりと伸びて猛追を凌いだ。全てが味方した完璧なレースな運び。それだけに二番が利くかというのは率直な疑問。ハンデ戦だが54kg。相手関係を考えればこれでも重いだろう。一頭かなり強い馬がいてその馬のハンデが軽いだけに…。ただ舞台はベスト。【実力:B-,相手:B,馬券:複】

今週は6鞍。オープン戦が2戦となかなか充実のラインナップ。休み明けの馬が多いだけにその辺りがカギになりそう。いい馬が多いですから、結果を出したいですね。
posted by ローカルトラベラー at 20:16| Comment(0) | 今週の騎乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]