2020年05月31日

【回顧】5/31 京都 5R クリノイコライザー

5/31 京都 5R クリノイコライザー 7人8着

ゲートは五分。内目に進路を取る。少し行きたがるが折り合い自体はそれなりに付いていたのだが、すごい勢いで前にいた馬が失速して下がってきただけに引っ張りどおしで最後方まで下がる。4Cでは後方2番手で回って直線へ。直線は馬場の4分処から脚を伸ばしたが8着まで。不完全燃焼。

【次走へのメモ:B】スタートは上々。内目に入っていき中団後方を追走。前半は行きたがるも許容範囲。ただ物凄い勢いで失速し下がってくる馬がいたためにこれを回避するために引っ張り通す羽目に。一時は最後方。直線は馬群に突っ込む。そこからいい伸びは見せた。それだけにあの大きすぎる不利が悔やまれる。2着はあったかもという内容。下がってきた馬に対しての腹立たしさもあり。気性面はまだ改善の余地がある。外枠が欲しい。
posted by ローカルトラベラー at 18:05| Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]