2020年06月20日

【回顧】6/20 阪神10R サトノギャロス

6/20 阪神10R サトノギャロス 2人5着

スタートはまずまず。テンに行き脚が付かずに中団から。押して盛り返していく。中団内目を追走。4Cでスムースに上がっていけない。それでも内目を回って直線へ。直線は内を突こうとするも進路がなかったか、外に切り替えるロス。最後まで伸びてはいたが、最後もまた窮屈気味に。5着まで。

【次走へのメモ:B】スタートはまずまず。気合を付けていってもあまり行けなかった。インへと進路を取っていき中団インに位置取る。内目を追走。ただ4Cで押しても反応が一息。そこで置かれる。直線は馬場の3分処。一旦はレシプロケイトのインを突こうとするがその内が開かなかったので外にまた切り替える。そこからはジリジリと伸びたが、最後はやや窮屈に。この距離は忙しいし、中間の調教もイマイチ。全体的にこのクラスの除外馬が多すぎて調整が難しかった模様。1400mの方が良さそうで。
posted by ローカルトラベラー at 19:10| Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]