2020年06月21日

【回顧】6/21 函館12R ユキノグローリー

6/21 函館12R ユキノグローリー 3人10着

五分のスタートから軽く促して前へ。行きなくないこともあって内の馬に行かせて3番手を追走。ただ遅いペースに前半は気負い気味。結局は2番手から。向正面で逃げ馬がバテて後続が押し上げて来た時に対抗できず。直線入口では3番手集団も飲み込まれ気味。直線は全く粘れず。

【次走へのメモ:B】五分のスタートから行き脚も付き、軽く促して前へ。他馬に行かせて2,3番手。ただペースが遅すぎて気負い気味の道中。逃げた馬が早々にバテると後続の押し上げも早くなり、勝負所で手応えも無かった。直線は粘れず。負ける時は大敗の馬なのでこればかりは仕方ない。行く馬が多そうだったが、現実は行く馬がおらずにあまりにもスローになったのが辛かった。押し上げが早かったこともあり、先行勢は総崩れ。昇級初戦で難しい競馬になっては大敗もやむ無し。徐々にクラス慣れしていけば。
posted by ローカルトラベラー at 20:26| Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]