2020年06月25日

【今週の騎乗】2020年6月27-28日

今週の川島騎手の騎乗は下記の6鞍。

6/27 函館 2R デルマエメラルド
6/27 函館11R ベッラヴォルタ
6/28 函館 2R ウラニア
6/28 函館 4R ディスイズミー
6/28 函館 5R ビービージェニファ
6/28 函館 8R クリノゴーギャン

【出馬表段階展望】
6/27 函館 2R デルマエメラルド…2度目の騎乗。前走時の評価は「C」。スタート一息で後方を追走。道中は後方3番手を追走。行きっぷりは普通。直線入口も後方3番手で入ったが直線は伸びず。今回は同じ条件。この距離ではスピード負け。大きく変わりそうな要素がなく。3アウト対象のレースだと思われるので何とか8着内には入りたいが。【実力:C+,相手:B-,馬券:ケン】

6/27 函館11R ベッラヴォルタ…初騎乗。前走はスタートは一息で後方から。早めに気合を付けて後方3番手。行きっぷりは良い。4Cでは馬群の中を上手く縫ってグングン上昇。直線入口では後方6番手くらい。直線は外に持ち出すとグイグイと伸びて1着で入線した。ローカルのメンバーや展開も向いたが鮮やかな決め脚。初の1200mが向いた印象。これまでもメンバー最速上がりを何度も使っていただけにこの距離が良かった感。今回は昇級戦。斤量の51キロは定量-1キロなのでそこまで軽い訳ではないが条件としては良い。相手も標準レベルの構成。少し間が開いたが先週も特別登録していただけに態勢は整っている。函館に来てからずっと調教を付けていた馬だし、いい結果を出したい。【実力:B-,相手:B-,馬券:単・複・連】

6/28 函館 2R ウラニア…4度目の騎乗。前走時の評価は「B」。前走は休み明け。発馬は上々。控えてインに付けての競馬。行きっぷりは普通だったが、3C辺りから遅れ始めて4Cで後退。直線は伸びなかった。密かに期待していただけにかなりガックリした内容だった。ただ馬体は成長。今回はダートに替わって距離短縮。ダートは未知数だが距離短縮は良い。もう少し走れる馬なはず。少しでもメドが立つ内容であれば。【実力:B-,相手:B-,馬券:ケン】

6/28 函館 4R ディスイズミー2度目の騎乗。連闘策。前走時の評価は「B」。前走は初出走。スタートで出遅れて後方から。後方2番手を追走。テンからかなり置かれる。4Cでは馬群とはかなりの差があった。直線追われてからもギアが上がらないまま入線した。初レースだっただけに仕方ない面はある。調教のようなレースだった。今回は1700m。追走には余裕が出るだろうが、距離は持つだろうか。全くの未知で。【実力:C+,相手:B-,馬券:ケン】

6/28 函館 5R ビービージェニファ…新馬。父はメイショウサムソン、母はニンナナンナ。母の弟にメイショウボーラーがいる。当馬の兄弟も勝ち上がり率は悪くない。函館の調教自体がよくわからないが、日曜日ではあるもののあのモンファボリと共に調教していた。先週から一週延ばしてのここ。それなりの走りを期待したいが。【実力:?,相手:?,馬券:ケン】

6/28 函館 8R クリノゴーギャン…2度目の騎乗。前走時の評価は「C」。前走はスタートを決めて控えて3番手。少しずつ前と離されていき3Cでは4番手。内で追って追っての手応え。4Cで後退し、直線も伸びず。後方で入線。いろんな条件をとっかえひっかえ使われていただけに同じ条件を2走連続で走れることは悪くない。前進を期待したい。【実力:C+,相手:B-,馬券:ケン】

今週は6頭。前走乗った馬を中心にそこそこ集まってくれた感じです。期待はベッラヴォルタでしょうか。以前から個人的に注目していた馬で前走の快勝も能力的にはありえると思っていただけに、今回騎乗できるのは嬉しいですね。
夏競馬の3歳牝馬の2勝クラスの芝1200m戦は過去のデータを見ても好成績。前走勝った馬は更に成績も良いですから、期待は高まります。
posted by ローカルトラベラー at 23:17| Comment(0) | 今週の騎乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]