2020年07月02日

【今週の騎乗】2020年7月4-5日

今週の川島騎手の騎乗は下記の2鞍。

7/ 4 阪神11R サトノギャロス
7/ 5 函館12R ベッラヴォルタ

【出馬表段階展望】
7/ 4 阪神11R サトノギャロス…8度目の騎乗。前走時の評価は「B」。前走はボチボチのスタートから押すも中団のインから。道中はおっつけての追走。4Cをロス無く回って直線へ。直線は最内を突こうとするも進路がなくて切り替える。そこから追われて伸びてきたが、前には届かず。除外だらけで使いたいレースが使えずに1200m戦が2回続いたが、現状では1400mの方がゆったりと競馬が出来そう。今回も発馬決まるかは分からないが、道中ある程度付いていければチャンスはある。続けて使えるのもプラスで。【実力:B-,相手:B-,馬券:単・複・連】

7/ 5 函館12R ベッラヴォルタ…8度目の騎乗。前走時の評価は「B」。連闘策。前走はスタートで行き脚が付かずに最後方から。道中は最後方を追走も行きっぷり自体はそう悪くない。600mを過ぎた辺りから動いていく。4Cでは外を回り、直線は大外へ。外に出すと内にモタれながらも良い伸びを見せて5着。今回は牝馬限定の定量戦。周りが重たくなるので相対的にはプラスになりそう。大幅馬体増も太め感が無かったが、叩いて中身が変わってきそう。モタれる面を把握できたこともプラスに。2度目の騎乗で慣れも見込めるし、外目の枠を引ければ。【実力:B-,相手:B-,馬券:単・複・連】

今週は2鞍。厳しい戦いが予想されていましたが、特別戦に想定のあった2頭のみとなりました。阪神でディアボレットに乗れれば良かったのですが。それでもサトノギャロスが除外されなかったことで御の字でしょうか。函館シリーズで乗っていた馬は軒並み放牧か登録抹消となっており、乗れそうな馬がいない状態です。
期待はサトノギャロス、ベッラヴォルタの2頭両方ですね。サトノギャロスに関しては上積みしかない形。この距離で切れが鈍らなければ、という感じ。ベッラヴォルタは叩いて2走目。連闘だけに気性面さえ上手く行けばいい走りが出来そうです。
posted by ローカルトラベラー at 22:25| Comment(0) | 今週の騎乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]