2021年05月01日

【回顧】5/1 阪神 1R クリノアンビシャス

5/1 阪神 1R クリノアンビシャス 6人4着

スタート一息。さらにエルブシオンを筆頭に内外に行儀の悪い馬が多すぎて挟まれる感じで最後方へ。道中は馬群と離された最後方のインを追走。3Cで馬群が凝縮したので進出。ただエルプシオンが急速に下がってきてブレーキを掛け気味。4Cでは馬群の中を回ってくる。追って追って直線へ。直線に入った時は6番手。ただ前にいたアローテソーロが外へ外へと行儀が悪くてかなり邪魔をされる。それでもジリジリと伸びて4着に。

【次走のメモ:B】スタートはあまり良くなかったが更に挟まれて最後方。道中は後方を追走。3Cで上がっていくも、下がってくるがいてここでもブレーキ気味。4Cは馬群の中でロスなく立ち回れたが馬は頭を上げ気味。何とか促して直線へ。直線は前にいたアローテソーロが大きく外に膨れて進路をカットされる形に。それでもジリジリと伸びた。1800mのそこかしこで不利を受けるかなりストレスの溜まるレース。それでも4着ならかなり頑張った。この馬自身としてはメドの立つ内容で次走はかなり楽しみになった。ただハイペースで全馬最後はバテた感じで上がりも全体時計も平凡。過信は禁物。
posted by ローカルトラベラー at 13:52| Comment(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]